スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

 

どうも、1年間で20万マイル貯めて航空券をタダにしているぐっちーです。来月の沖縄旅行も90,000円の航空券をマイルでタダにしました。

いきなりですが、格安航空(LCC)が増えてきて航空券は安くなったものの、もし無料にできたら嬉しくないですか?(嬉しいですよね)

ぼく自身、どうにかして航空券を安く手に入れようと以前は格安航空のキャンペーンを狙ったりしていました。

しかし、航空券を安く手に入れる方法を1年前に調べているときに「マイル」というものに出会ったことで今ではタダで航空券を手に入れられるようになったのです。

今回は、ぼくが航空券をタダで手に入れられるようになったマイルについて徹底解説していきます。

そもそもマイルって何なの?

 

マイルは「Tポイント」のような企業が発行するポイントと同じようなものです。

Tポイントだと提携しているコンビニなどで提示するとポイントが貯まりますが、マイルは飛行機に乗ったりすることでポイントを貯めることができます。

一般的にマイルは飛行機に乗らないと貯まらないという認識があるため、なかなか手を出さないという人が多いのですがマイルは飛行機に乗る以外にも貯める方法があります。

ぼく自身、飛行機に乗ることなく1年間で20万マイルを越えるポイントを貯めることができました。

ちなみにぼくのように飛行機に乗らずにマイルを貯める人は「陸マイラー」と呼ばれてます。1年間で20万マイル相当のポイントを貯められたのは僕だからではなく、陸マイラーがたくさんいることからわかる通り、多くの人が簡単に貯めることができるのです。

20万マイルってどれくらいすごいの?分かりやすくまとめてみました

「マイルをどのくらい貯めたらどこに行けるの?」と疑問を持つのは当然。というわけで表にまとめてみました。こちらがANAマイルの場合の目安です。

シーズンクラス必要マイル
タイレギュラーエコノミー35,000
ハワイレギュラーエコノミー40,000
ニューヨークレギュラーエコノミー50,000
パリレギュラーエコノミー55,000
ハワイレギュラービジネス65,000
パリレギュラービジネス90,000
ニューヨークレギュラーファースト150,000

 

ここからわかる通り、20万マイルあれば憧れのハワイに2・3ヶ月に1度タダで行けますし、さらにはゆったりビジネスクラスでの空旅を楽しむことも1年で3回ほどできます。

ハワイへANAマイルで行くと航空券代の10万円近く浮かすことができるので、遊ぶお金の足しに使ったり、ホテルをアップグレードしたりと、かなり旅行の幅も広がるはずです。

ファーストクラスに乗ってニューヨークにも行くことができます。普通にチケットを取るとなると270万円ほどしますが、マイルだとサクッとファーストクラスにも乗れてしまいます。

マイルはどうやって貯めるの?マイルの効率的な貯め方を紹介!

航空券をタダにできたらいままで以上にサクッと旅行にも出れるようになって嬉しいですよね!

それの手助けになるマイルですが先ほどもお伝えした通り、飛行機に乗ることなく貯めることができます。マイルを貯める王道の4つの方法はこちらです。

  1. 飛行機に乗って貯める方法
  2. クレジットカード決済で貯める方法
  3. ANAマイルを購入する方法
  4. ポイントサイトで貯める方法

そしてこの4つの中で、ぼくがマイルをたくさん貯められたのはクレジットカード」と「ポイントサイト」を活用したからです。

1.飛行機に乗ってマイルを貯める方法=めちゃくちゃ難易度高い

 

マイルを貯めるひとめの方法が「飛行機に乗って貯める」です。

飛行機に乗った時に「クラス」と「距離」に応じてマイルがつきます。これを「フライトマイル」といいます。

しかし毎週東京〜北海道を週1で往復するような人だとしても1年間で貯まるマイルでは100,000マイルほどなのでハワイ2往復分くらいのマイルが限界なのです。

年間50回以上も飛行機に乗ってようやく100,000マイルと考えると、一般人にはフライトマイルを貯めることはできないと言っても過言ではありません。

2.クレジットカード決済でマイルを貯める方法

 

ふたつ目は「クレジットカードを使ってマイルを貯める方法」です。

クレジットカード言うと「マイルを貯めるには専用のカードが必要なの?」とよく質問されるますが、絶対そうしないといけないということはありません。

マイルはポイントなので、実はTポイントや楽天ポイントをマイルに交換することができるのです。なのでマイルが貯まるカードを持っていなかったとしても、Tポイントや楽天ポイントが貯まるクレジットカードを持っていればOKなのです!

「還元率1%」のクレジットカードでマイルを貯めよう!

クレジットカードと言っても種類は様々ですが、還元率1%のクレジットカードで月10万円決済でも1年間で東京〜沖縄間のマイルを貯めることができます。

もしかすると「月に10万円もクレジットカードで決済しない…」と思うかもしれませんが、実は支払い方法を変えるだけで月10万円の決済は今と生活を変えることなくできるはずです。例えば僕の場合だと、以下の支払いだけで1ヶ月で10万円に達します。

  • スマホ代:1万円
  • 光熱費など:2万円
  • 食費:3万円
  • お買い物:3万円
  • 交通費(ガソリン・電車):2万円

これらの支払いをクレジットカードにするだけで航空券をゲットできるので支払い方法の見直しと還元率の良いクレジットカードの入手は積極的にやるべきと言えます。

マイル初心者におすすめのクレジットカードは『ANA VISA Suicaカード』

年会費が高いカードであれば、還元率やその他サービスも良いためマイルを貯めるために有利なのですが、マイル初心者がいきなり年会費が高いカードを持つのは少しリスキーですよね。

これからマイルを貯めたい初心者の方にオススメなのが『ANA VISA Suicaカード』です。

還元率は良いと言われている1%であり、年会費は2,000円+税なのですがマイ・ペイすリボに登録すれば年会費が751円に値引きされるのでマイル初心者に特ににおすすめです。

>>ANA VISA Suicaカードの詳細はこちら

クレジットカードで貯めたTポイントや楽天ポイントはマイルに交換するのがベスト!

ちなみに貯めたTポイントや楽天ポイントをマイルに交換するのを渋る人もいますが、結論から言うとそういう人は損をしてしまうこともあります。

たとえば楽天ポイントが200,000ポイントあったとします。これをANAマイルに交換すると100,000マイルになります。

そうするとポイント数は半減になってしまうので損と思えるかもしれませんが、1マイルの価値はクラスや距離などで変わるので半減したとしても1マイルあたりの価値が2円以上になればマイルとして使ったほうがお得なのです。

楽天ポイント200,000ポイントは200,000円分ですが、ANAマイル100,000マイルあると以下のようになります。

▼ハワイにエコノミークラスで2.5回行ける(250,000円相当)

▼パリにビジネスクラスで1回行ける(300,000円相当)


1マイルあたりの価値が変動することにより、楽天ポイントのまま使うよりもマイルとして使ったほうがお得になることが多くなるというのはこういうカラクリなのです。

ちなみに「クレジットカード決済を100円して何マイル貯まるか?」というのが「マイル還元率」なのですが、楽天カードは0.5%なのでマイルを貯める上では還元率が低いクレジットカードと言われています。

つまり還元率が低い楽天カードですら、マイルとしてポイントを使ったほうがお得ということは、還元率が高いカードに切り替えると超お得となるわけです。

現に最大で2%の還元率のカードがあったりします。ただしブラックカードの領域だったりするので、現実的には1%くらいあれば良いと言えます。ぼく自身は還元率1%のカードを使っています。

マイルを効率的に貯めやすいクレジットカードはこちらの記事にまとめてあるのであわせてお読みください▼

関連記事:【マイル・保険など目的別で厳選】海外旅行にオススメのクレジットカードまとめ

3.ANAをマイルを購入することでマイルを貯める方法

実はマイルを購入することができるサイトが存在します。「BuyAirlineMiles」というアメリカのサイトなのですが、さまざまな航空会社のマイルを購入することができます。

ANAマイルは以下の値段で購入できます。

1マイルあたり(単位:セント)1マイルあたり(単位:円)
1000~9,000マイル2.3セント約2.5円
10,000~24,000マイル2.1セント約2.3円
25,000~49,000マイル2.0セント約2.1円
50,000~99,000マイル1.9セント約2.0円
100,000マイル以上1.8セント約1.9円

 

1マイルあたりの価値は変動するので1マイル=2.5円以上の価値を持たせられる飛行機なら買うのもありです。

たとえばANAでニューヨークにファーストクラスで行く場合は150,000マイル必要です。もし「BuyAirlineMilesx」で150,000マイル購入すると約285,000円です。

しかし普通に航空券を買おうとすると200万円ほどかかり、10分の1でニューヨーク行きのファーストクラスの飛行機に乗れてしまいます。

ちなみにエコノミークラスだとトントンになることが多いので、ビジネスクラスやファーストクラスに乗るときに使うのをおすすめします。

こちらはタダで海外に行けるわけではないですが、参考までに格安で飛行機に乗る方法があるということで解説してみました。

4.ポイントサイトでマイルを貯める方法:大量のANAマイルを貯めるならコレ!

飛行機で貯めるフライトマイルやクレジットカード決済で貯めるマイルには限度があります。ですがぼくを含め多くの陸マイラーは大量のマイルを貯められています。

そのカギとなっているのがポイントサイトです。ポイントサイトを使えば、誰でも、簡単に、大量のマイルを貯めることができるのです。

ポイントサイトというと、地道な作業が必要そうで、面倒なイメージがつきまといますがぼく自身は1ヶ月に3時間程度の作業で済んでいます。なぜなら普段の買い物やホテル予約をポイントサイト経由でするのと、マイルがかなり貯まる案件を月3〜4件こなすだけだからです。

おすすめのポイントサイトは「ハピタス」

 

ポイントサイトはかなりの数がありますが、マイルを貯める場合は「ハピタス」がおすすめです。

理由はパソコンからでもスマホからでも見やすいサイト設計になっているのと、マイルを貯めるために取り組める案件が豊富だからです。ぼく自身、ほぼハピタスでマイルを貯めてきてますが全く不足や不満がありません。

実際に取り組む案件としてはハピタス経由で

  • クレジットカード作成
  • FX口座開設
  • 保険の無料相談

を申し込むのみ。

この3種類は陸マイラーにとって特に人気の案件で、ぼくも毎月何かしらの案件を取り組んでいます。例えばクレジットカードだと1枚作成するだけでも10000マイル相当のポイントが貯まることもざらにあります。

登録は無料なので、お得にマイルを貯めたい方はぜひサイトを覗いてみてください。

ハピタスで獲得したポイントがANAマイルになるまで

ハピタスで獲得したポイントはANAマイルではなく、あくまでハピタスポイントです。このハピタスポイントをANAマイルに交換する作業が必要になります。交換作業はとても簡単なので大まかな流れだけでも理解しておきましょう。


  1. ハピタスで得た20,000ポイントをPeXのポイントに変換
  2. PeXのポイントをソラチカカードの20,000ポイントに変換
    (※PeXからANA CARDへの変換の限度が1ヶ月20,000ポイント)
  3. ソラチカカードの20,000ポイントを18,000ANAマイルに変換
ご覧の通り、ハピタスポイントがANAマイルに変わるまで3ステップあります。

それぞれの中継地点のサイトやカードの登録をする必要がありますがすぐできるので、ハピタスのポイントが獲得できたらこちらも取り組みましょう。

マイルをお得に効率的に貯める方法まとめ

 

マイルのことを熟知している人でもしていない人でも一番最初にすることは「ハピタス」への登録です。今でこそマイルの恩恵を受けてタダ航空券で旅行をしていますが、ぼくも最初にやったのはハピタスへの登録でした。

百聞は一見にしかずと言われる通り、ANAマイルも全部を理解しようとせずにぜひ貯め始めてみてください!1年も待たずにタダの航空券を手に入れて旅行に行けていることでしょう。

慣れてきたらクレジットカードからマイルをお得に貯める方法についても理解を深めていきましょう!

 

マイルを使わなくてもお得に航空券や宿泊先を予約する方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください▼

関連記事:【完全まとめ】通算70ヶ国を旅した私が教える、海外旅行でオススメの宿泊方法・宿泊予約サイト

関連記事:海外旅行に行くなら知っておくと得する航空券の取り方【スカイスキャナーの裏技など】

 

この記事をかいた人

ぐっちー

旅と温泉とドローンが好きな25歳。いまは宮古島でフリーライターしてます。好きな旅行先は沖縄とハワイです。マイルは沖縄に35回ハワイに15回行けるくらい貯めてます!