「自由」という最も厄介なものに捕まった男、プロ無職るってぃです(詳しくは前回の記事で)

人一倍自由について考えてると思いますが、こんな生き方をしているのでLINE@とかイベントで死ぬほど質問されます。

確かに今の僕の生活は、毎日通わなければいけない場所もなければ、何時に起きなきゃとかもないし、養わなければいけない家族もいません。

行こうと思えば今日この瞬間海外に行けますし、どこでも仕事できるし、付き合う人も選べます。怒られることもありません。

「じゃあ、めっちゃ幸せか?」と聞かれると、「100%幸せ」とは言い切れないです。

こんな状態なので逆に聞きたいんですけど、自由ってなんですか?好きでもない仕事辞めれたら自由なんですか?何をするにも困らないほどのお金があったら自由なんですか?世界中飛び回って働けることが自由なんですか?

 

…などと、まずは自由の定義がごっちゃになってしまってることが問題だと思うんですね。漢語由来の自由と、明治維新のタイミングで西洋から入ってきた自由の意味合いは全く異なります。

西洋的自由=束縛や抑圧からの解放(みんなこれ求めてる)

西洋的な「自由」、すなわちフリーダム(Freedom)やリバティ(Liberty)には自由の儀はなく、束縛や抑圧からの解放を意味します。アメリカはイギリスから支配を受けて独立を果たしましたし、帝国主義時代は支配して解放を目指して…を繰り返してましたから。

そして思うに、平成時代、みんなが追い求めた自由はこのフリーダムやリバティの方の自由だったように感じます。今のつまらない会社を辞めたい、好きなことを仕事にしたい、海外を旅しながら働きたい、とか。

ただ前述したように、この自由を得たところで幸福は長く続きません。これは僕自身もそうでしたし、周りのフリーランスを見てても明らかです。人間は本能的に社会貢献欲がある生き物なので、場所や束縛から解放されて自由を得たところであまり変化はありません。というか、本来人間はみな生まれた状態はフリーダムでしたから。

たくさんお金を稼いでリゾート地に引っ越してリタイア生活…よく聞く憧れのライフスタイルですが、多くの人は精神を病んでしまうのです。結果、お金に困ってなくてもアルバイトをし始めたりします。自由の身から、自分から束縛の道を選ぶわけです。

歴史から見た自由がもたらした悲惨

こちらの本から事例を紹介します。

市民が封建制度からなる奴隷から解放されたのは16世紀から18世紀にかけて。多大な犠牲を払って市民は自由を得ました。

しかし多くの代償を払ってまで自由を得たのに、その自由を捨ててナチス・ドイツの全体主義に多くの人が傾倒したのでしょうか。それは、孤独と責任が伴う自由に疲れてしまったのかもしれません。「もう、誰か統率してくれ」みたいな。そしてこの辛さと気持ちは僕もよく分かります。

あまりにも毎日自由すぎるゆえに、誰かにスケジュール管理されたり、予定や仕事を入れて欲しくなるんですね。つまり「管理されたい」という欲が生まれます。

ちなみにナチズムの中心支持者は、小さな商店主、職人、ホワイトカラー労働者だったそうです。

また、エーリッヒ・フロムは自由を逃れ権威に盲信することを選んだ人々に共通する性格を指摘しました。それは権威に従うことを好む一方で、他方では自ら権威であたりいと願い、他のものを服従させたい人です。つまり、自分より上の人には媚びへつらい、下のものには威張る性格の人だと。

戦争はいつの時代も、自由をただ追い求める教養なき市民と、そういった大衆心理をうまく掴んだ指導者によって繰り返されます。よくヒトラーやポルポトといった独裁者だけを非難しがちですが、彼らを選んだのは僕ら市民ですし、ホローコーストを自らの手で行ったのも僕ら市民ということを忘れてはいけません。

本当の自由を得るために、タフな精神力と教養を

「SNSで稼いで自由を」だとか「自由に生きよう」とか、情報や商材を流してる人はフェイクだと分かります。一色単に「自由を良いもの」として全員に押し付けるのは無責任だからです。

ギリシャ・ローマ時代、人々は「奴隷」と「奴隷じゃない人」の2種類に分けられました。そして、奴隷じゃない側にいるために、つまり自由を得るために(自由でい続けるために)最低限これは学びなさいよ、ということで生まれたのがリベラル・アーツです。

リベラル・アーツとは、文法学・修辞学・論理学の3学、算術・幾何・天文学・音楽の4科で構成された自由七科です。つまり、自由を得るためには教養や知識が必要というわけです。そして、なぜ自由を得るには教養が必要なのか?

それは「問い続けること」こそ、自分の身を守り、自由でいつづける方法だからです。

常識を疑わず盲信的に権威に従属することは、自らの自由を奪われるだけでなく、先ほど紹介したような悲劇が繰り返されます。

インターネットによって誰もが情報を発信することができした。「何を言うかより、誰が言うか」という言葉がありますが、それはつまり、「自分が信用した人が言ったことを信じろ」という意味の裏返しです。”納得しても心の底から信じるな、信用しても期待するな”

そして、刺すような孤独と重くのしかかる責任に耐えられる精神力も鍛えなければいけません。

いま、働き方改革とこれから訪れるAI時代で、多くの人の生き方は変更を余儀なくされます。無駄な仕事は減り、多くの時間(自由)を得るでしょう。そのとき、人間はひとつ進化するための試練を迎えるのです。

AIの奴隷になるのか、AIを奴隷にして自由になるのか、自由そのものに犯されてしまうのか。

 

ちなみにそういう想いや考えを込めたのが、「死する女神」という作品です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「死する女神」⠀ ⠀ (フォロワーさんの中でスターウォーズが好きな人はいますか…)⠀ ⠀ “自由は死んだ、万雷の拍手の中で” パドメ・アミダラ⠀ ⠀ スターウォーズEP3で、黒幕のダースシディアスが非常時大権を得て、皇帝になるシーンである。⠀ ⠀ そう。いつの時代も、独裁者を選ぶのは 我々であり、大虐殺を起こすのは彼らの手ではなく、僕らの手なのだ。⠀ ⠀ ヒトラーのホロコーストも、カンボジアのポル・ポトだってそう。自分で考えることを放棄すれば、自由は奪われる。⠀ ⠀ 自由であり続けるために、僕たちは深く考えることを放棄してはいけない

るってぃ/プロ無職⠀さん(@rutty07z)がシェアした投稿 –

 

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から