人に笑われた時は大きなチャンス!全員が「いいね」と言ったらもう手遅れ?

先日友人のクソマジメゲスブロガーあんちゃが良い記事を書いてました。

人からバカにされ、笑われる経験は成功に必須条件だと思う。

わたしが「ブログで食っていきます」と言ったとき、いろんな人から笑われました。
 
「そんな効率悪いやり方で食っていくとかバカじゃないの」

「ブログで食っていけるやつなんてほんの一握りだって。無理だよ」

「 まじで言ってんの?(笑)」
 
って。

まあ、僕も今年フリーランスとして独立した時には散々馬鹿にされたし、笑われましたね。
でもね、人から笑われた時ほどチャンスだと思います。

逆に全員が「それいいね!」っていうものは大体手遅れな場合が多いです。

イノベーションを起こすスタートアップは必ず物議を巻き起こす

例えばAirbnbやUberなど、世界の常識を変えるほどイノベーションを起こし、今ではアメリカを中心に、人々の生活になくてはならなくなってる企業です。

「知らない人の家に泊まるサービス??ありえねえだろ!(Airbnb)」

「知らない人の車に乗るサービス??ありえねぇだろ!(Uber)」

イノベーションを起こすスタートアップは必ず最初に物議を起こします。

1125
しかし、結果としてアメリカの西海岸では、Uberは人々の生活から無くては無らないものへ。
そしてサンフランシスコの大手タクシー会社は次々と倒産しました。

個人も同じ。人から笑われた時はチャンス!

企業を例に出しましたが、これは個人でも同じ。

人と同じことをするメリットは「安定」ですが、大きな成功も望めません。

そして、人と違うことすれば、ファーストペンギンになれる可能性はあります。

みんなが右に行く時に、左に行く。その時たくさんの人から笑われることでしょう。

みんなと違う方向に行った時の、この距離の差が大きければ大きいほど、大きなお金が生まれるのです。

sa
そしてみんなが「それいいね!」というものは手遅れ…大きなお金は生まれません。

なぜならそれは大多数にとっての「常識」だから。競合がすでにたくさんいるから。

大きな成功を生みたいのであれば、1%の「非常識側」に行かなければいけません。

常に常識を疑うということ

今すぐ「みんながしてることから外れろ」とは言いませんが、大切にしているのは「常に常識を疑う」ということ。

何気ない常識の中に、大きな成功を生み出すチャンスが潜んでいると思ってます。

これからあなたが何かに挑戦するとき、何かの組織から抜け出すとき、たくさんの人から笑われることでしょう。

しかし、笑われたときは大きなチャンスなんです。

僕は2017年、遊びに遊んでやろうと思います。

なぜなら社会人にとって「毎日遊びほうけること」は常識でなく、許されないことだからです。

そして社会人が羨ましがってることでもあります。

普通の社会人とは違い「遊びまくる」ことで、逆にお金になるのではないかという仮説。

これからは本気で「遊び」を追求しお金を稼いでいく時代です。

色々全力で実戦していこうと思います。

公式LINEの登録お願いします!

プロ無職に質問できたり、不定期でお知らせやイベント情報が届きます!登録は無料です。