独立が不安な人は「失敗したらあそこに帰ればいいや」と思える心の拠り所を作っておいた方がいい

The following two tabs change content below.

毎月決まった額の給料が振り込まれることは、大きな心の支えになります。

しかしその会社を辞めたり、フリーランスとして独立することになれば、毎月変動する給料に対して不安を抱くかもしれません。それに加え、ボーナスも社会保障もないわけですから(「それでもフリーランス目指しますか?」より)

 

「今の会社を辞めて独立したいけど、上手くやってけるか不安…」

 

そんな不安を抱えてる方にオススメしたいのが、「失敗したらあそこに帰ればいいや」と思える心の拠り所を作っておくことです。

独立前に「安定した副収入」や「貯金」を作っておくのも大切ですが、実はこの「心の拠り所の存在」こそ、不安を抱えるあなたに精神的なゆとりをもたらします。結果として、思い切った行動ができるようになるのです。

「失敗してもニューヨークでダンスで稼げばいいや」という心の拠り所

IMG 3247

 

この記事を読んで色々思い出したんですよね。

 

海外の人はアートに対してお金を払う文化が根付いてます。特にアメリカはチップ制度もあるのでその傾向が顕著です。22歳まで海外に出たことがなかった僕にとって、路上でパフォーマンスして普通に生活してる人がいるのは衝撃でした。

観光シーズンのニューヨークとなると、1回のパフォーマンスで多い時で数万円、それを1日に場所を変えて何度も行うわけです。

Dance

 

だから、「日本で失敗してもニューヨークのあのストリートに戻って踊ればいいや」という考えが根底にあります。その心の拠り所に、どれほど自分が救われていることか。

日本という世界しか知らなった自分にとって、ニューヨークで得たこの「心の拠り所」は、かけがいのないものです。

Dance2

登校前に混ぜてもらって一緒にパフォーマンスしてたりしてました

詳しくは僕のプロフィール記事をお読みください。

副収入や貯金よりも、独立前にあった方がいいものがある

「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された日本を代表するデザイナー佐藤オオキさんも、実は同じような考えを持ってます。

 

会社を辞めて独立する前に必要なものは

などが挙げられます。もちろんこれはあるに越したことはないし、大賛成です。

けれど、フリーランスを2年やっていて思うのは、実は本当に大切なのは「失敗してもあそこに帰ればいいや」と思える心の拠り所を持っておくことではないか、ということです。

それも1つではなく、複数。あればあるだけいいです。

IMG 3295

 

東京で失敗しても「おかえり」って暖かく迎えてくれる実家でもいいし、「いつでもうちの会社で働いていいから!」と声をかけてくれる知人でもいい。

上の2つも実際に言われたことですが、「ニューヨークのストリートに戻ってダンスで生活費稼げばいいや」という考えが僕の根底にあり、そしてあそこが心の拠り所です。そのおかげで、リスクを取った思い切った行動ができています。

IMG 4061

 

世界を知り、帰れる拠り所を確保しよう。一度きりの人生、やりたいことをやろう

一度きりの人生、失敗しても本当にどうにかなります。死ぬこと以外かすり傷です。というか日本で死ぬことなんて逆に難しいことだと思ってます。

関連記事日本で生きるのなんてイージーすぎるだろ。死ぬ方が難しいわ

 

将来に対して漠然と不安を抱えている方。そのせいで中々行動に移せない方、もっと世界に出てください。そして外の世界を知ってください。

 

「こんなことで金稼げるの!?」

「なんでこいつ、こんなんで生活できてんの!?」

 

そう感じるような出来事、数え切れないほど待ってます。

 

日本のみなさん、あなたたちは大変優秀です。世界でもトップクラスに素晴らしい教育を受けています。体も丈夫で、ほぼ全員が文字も読めます。しかし、行動力だけは鈍いと言えます。

でも、「失敗してもあそこに帰ればいいや」と思える拠り所が1つでも見つかれば、行動は大きく変わってくるはずです。

応援してます。

僕もまだまだなので頑張りますよ!

あわせて読みたい

無能サラリーマンからフリーランスに独立するためにやった全てのこと晒す

 

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事