スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

先日、僕が大好きな漫画ドラゴン桜と個別指導塾のTESTAがコラボしたイベント「東大生のノート術を学べ!」というイベントに行ってきました。

 

実はこのイベント、対象が中高生とその保護者のみだったのですが、東大生のノート術知りたすぎて、Twitterでダメ元で行けないかお願いしてみたんですよね。

 

そしたらなんとですね

 

行けちゃったんですねぇ。

無理言って大人枠10名分(しかも無料)を作ってもらいました!本当にありがとうございます…

そしてこのイベント、めちゃくちゃ勉強になることばかりだったのでブログでアウトプットしていきたいと思います!

東大生が「東大に合格できた理由」や「東大生を育てた親の教育方法」が分かりました!

東大生の強さの秘密は!?勉強方法やノートの取り方まで聞いてみた

東大生のノートの取り方は「再現性」がキーワード

なんでも東大入試はとにかく時間との戦いらしく、問題を解くスピードが重視されるとのこと。

問題を1から頭で考えて解くのではなく、これまでストックしてきた知識をパズルのように組み合わせながら問題を解いていくのだそうです。

だから闇雲に先生の板書をノートに写すのではなく、テストで使える知識をノートにストックしたり、ノートを見返した時に素早く必要な知識を拾えるよう見やすくノートにまとめる、という工夫がこらされているそうです。

「必ず食える1%の人になる方法」などの著者であり、前奈良市立一条高等学校校長の藤原和博さんも「情報編集力(つなげる力)が必要」と述べています。

外部リンク:たった一度の人生を変える勉強をしよう~藤原和博氏

 

僕も自分のEvernoteに、ブログやTwitterで発信する際に使える知識をストックしてるのですが、東大生のキーワードである「再現性」の部分にこだわって、もっと分かりやすくまとめようと思いました。

 

東大生の強みは情報収集力!闇雲に勉強するのは邪道

 

まあ商売でもなんでもそうだと思いますが、「やろう」と決めて闇雲に行動したり勉強しても意味がありませんよね。

まずは自分の目的を見誤らないこと。彼らの場合、「東大に合格すること」が目標ですから「東大に受かるための効率良い勉強方法」や「試験の出題範囲」をまず知ることが大事ですよね。試験の出題範囲外のこと学んでも無駄ですから。

そしてその目的を遂行するために、実際に東大に合格した先輩方や、クラスの成績の良い子のノートの取り方や勉強術を徹底的に研究し、真似することが大切です。

この東大生のリサーチ能力の高さは東大受験だけでなく、大学生活の中の試験期間でも発揮されるのだとか。

やはり、全てにおいて大切なのは情報収集して、成功者の型を素早く取り入れることだと感じました。商売も全く一緒です。

関連記事:素人の自己流は危険!成功の近道は守破離-成功者の型をパクれ!

1つの分野の知識を極めれば、そのほかの知識も全て手に入る(科目間貿易)

個人的にここめちゃくちゃ面白かったですね。1つの分野を極めれば、その他の分野を極めた神様たちと情報交換できるようになるのだそう。

たとえ苦手な教科も、その道のトップから直接教えてもらうことで効率よく知識を吸収できるのだという。これを「科目間の貿易」と呼んでいて、そのキャッチーな言葉選びも含めてさすがだな、と思いました。

これはビジネスシーンでも同じで、ひとつのスキル(知識)に特化してる人は、別のスキルを持ってる人とお金を介さず知識を交換したりすることができるんですよね。

何か1つに尖ることも重要だな、と感じさせられました。

東大生の勉強法と思考法はビジネスと通ずる

 

ここまで東大生のノート術や勉強法を聞いて、お気づきの方も多いと思いますが、東大生の思考法や勉強法って、ビジネスシーンで役立つ要素ばかりなんですよね。

情報収集力とか知識の交換(科目間貿易)とか、ビジネスの基本中の基本。そうしたテクニックをしっかり自分の中で落とし込んでるからこそ、日本で一番難しい試験を突破できるのだと思います。

僕は「日本一」という理由から東大生が大好きなのですが、彼らは良い意味で「普通」なんですよね。

別に天才というわけではなく、「基礎を日本一押さえた学生」という感じでしょうか(個人的に天才や奇才と呼ばれる人たちは京大にいるイメージです)

だから東大行ってない僕が言うのもなんですが、しっかり勉強のやり方を間違えなければ、誰でも東大を目指せると思ってます。

現に「ノリで東大受験を決めた」という東大生も多かったわけですし。つまり彼らは最初から自分たちが東大に行けると思ってなかったわけです。

次は、「東大生を輩出する親の教育方法」を紹介したいと思います!

 

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から