ニューヨーク滞在中のるってぃ(@rutty07z)です。

アメリカは11月24日がサンクスギビング(感謝祭)ということで、親友マイケルの家で、彼の家族と一緒にホームパーティーをしました。

img_2390

 

すると、マイケルの弟ダニー(11歳)がひょっこり現れ、「Rui!チョコレート買わない?」と言ってきました。

img_2404

 

そう、アメリカの子はこの歳で「自らのビジネスでお金を稼ぐ」感覚を知っているのです。

「雇用される以外で」お金を稼ぐことの大切さ

ダニエルは20セントで仕入れたチョコレートを1ドルで販売してます。

img_2405

ここで重要なのは「いくら稼ぐ」よりも雇用以外の形で「自分のビジネスでお金を稼ぐこと」です。しかも11歳という年齢で。

日本人で、この年齢でお金を稼ぐ子は中々いないでしょう(ビジネスで)。

ニューヨークだと、このお菓子の販売だったり、ダンスや音楽だったり、子供でも自分のスキルや頭を使ってお金を稼ぐ光景をよく目にします。

manhattan-1674404_960_720

 

なぜ自分のスキルでお金を稼ぐことが大切なのか

アメリカは医療費がシャレにならないほど高く、油断すれば一発で何百万円が吹き飛んでいく世界です。

だから「自分の身は自分で守る」ためにお金を稼ぐ能力(僕は「サバイブ力」と呼んでる)が非常に高いです。またその他にも、若い頃から雇用以外の形でお金を稼ぐことのメリットはたくさんあります。

理由①お金・世の中の仕組みを学べる

僕が会社から独立して一番痛感したのは「お金と世の中の仕組みを知らなさすぎた」でした。

例えば引かれる税金や保険料の仕組みだったり、どういう流れで経済が回っているのかなど。もちろん会社に入ることでも学べますが、「自らお金を稼ぐ」ことでその得られる経験値は圧倒的に違います。なんせここを理解しておかないと、収入が不安定ですから生活に直結します。

僕は独立してからお金を稼ぎつつ、本を読んで必死に税務関係も勉強し知識を身につけていきました。勉強しなかった自分が一番悪いですが、学校で教えてくれたら…と感じました。

若いころからお金に関わることで知識や経験を身につけることは、長い人生において非常に重要なのです。

理由②「起業する or 個人事業主として独立」という選択肢が広がる

企業に属して働けば、毎月自動的に口座にお金が入ってきます。しかし起業するor個人事業主になるということは、自らお金を稼いでいかなければいけません。 「起業も個人事業主も興味ねーよ」という方もいると思います。向き不向きは必ずあるので。

しかし、重要なのは「いざ会社に何かあった時のために、独立できる選択肢」を持っておくことなのです。

会社だけに依存することほど怖いものはありません。倒産・リストラされた瞬間、「自らお金を稼ぐ能力」がないので、詰みます。だから僕の周りには「会社嫌だ〜仕事行きたくない〜」と文句だけは言うくせに辞められない人が多いのです。

「稼ぐ力」さえ身につけとけば、何かあっても独立可能なので、選択肢を広げる意味で「稼ぐ能力」は必須なのです。

 

お金を稼ぐ力が圧倒的に低い日本人

money-1595995_960_720

 

日本ではどうでしょう?街中でお金を稼ぐ小学生を僕は見たことがありません。

みなさんは小学生の時、自らのビジネスでお金稼いだことがありますか?僕はないです。基本的に多くの日本人は学生の時にアルバイトを始め、そのまま就職するケースが多いです。

若くして雇用以外の形でお金を稼ぐ経験が圧倒的に足りてないのです。下手したら自らお金を稼ぐこともないまま、生涯を終えることもありえます。

副業を禁止する企業がほとんどで、日本ではなぜか「お金を稼ぐこと=やましいこと」という気風も相まって、日本人の起業率は先進国の中では極めて低いです。

副業禁止で幸せになれない日本人たち

 

回復しない不況に、上昇を続ける物価・税金、少子高齢化による年金問題など、「お金稼ぎは汚い」などと言ってる場合ではなく、本当にまずいのです。

日本の教育に今必要なのは暗記の勉強よりも「お金の知識」

 

インターネットの多様化によって現在、確実にワーク・ライフスタイルの変革期が訪れています。もう今の日本の労働環境や、周りの不幸せそうな人たちを見ていて感じるのは、日本の教育に必要なのは「お金」に関する授業なのです。

「良い大学に受かるため」の詰め込み暗記勉強なんかよりも遥かに重要です。残念ながら日本はとても平和な国です。街を歩いてて銃声を聞くことはないし、医療費は抜群に安いし、衛生的でご飯も美味しい。

だから平和ボケしてます。

そんな平和ボケした僕達からできるだけお金を集めるために「バカでいさせるための教育をしてる」と、僕はひねくれてるので勝手に思ってます。お金のことなんて教えません。そして、お金のことを学ばなかった人は企業で雇用される形でしかお金を稼げないのです。

僕は前から「サラリーマン+複業は最強の働き方」と言ってますが、残念ながら日本の労働環境はよろしくない。だからお金を稼ぐ能力がない人は、どんなに仕事が嫌で辞めたくても、辞めれないのです。

自分でお金を稼げれば人生結構楽しいよ!って話

ダニエル(写真真ん中)のことは、彼が8歳のころから知ってましたが、2年ぶりに会って既にビジネスしてることに驚きです。嬉しくなってチョコ買いました、美味しかったです。

img_2396

 

アメリカに来ると、いつも周りのサバイブ力の高さに驚かせるばかりです。「え、それでお金を稼ぐの!?」みたいな意外な発想をついてくることも。

日本で働いてる友人と話していると「副業?フリーランス?なにそれ」レベル。僕は本当にこのままじゃ日本はやばいと思ってます。

電通の過労死事件じゃないけど、仕事や労働環境がきっかけで自殺や、自分の夢を諦めるって本来ありえない話なんですよ。なぜ日本はこんなに良い国なのに、学生を終えた途端みんな幸せそうじゃないの?学生時代が楽しかった?あの頃に戻りたい?

冗談じゃありません。独立した今、毎日が楽しくてワクワクの連続です。

僕はサラリーマンが性格的に合ってませんでした。しかし幸いなことにブログでの発信を通じて「お金を稼ぐ力」があったので、独立することができました。

DCIM100GOPROGOPR0494.JPG

 

「お金を稼ぐ力」を養うことで、選択肢の幅を広げれたら。仕事のせいで夢をあきらめる人が減れば。そう感じる日々です。毎日どうやって、どこからマネタイズしようか考えるの、けっこう楽しいですよ。

あとお金を稼いで使い方が上手くなると、人生超豊かになると思います。ZOZOTOWNの前澤さんとか、圧倒的なお金の使い方の上手さです。

お金は稼ぐより使う方が難しい?ZOZO前澤さんのお金の使い方が圧倒的すぎた

大切なのは「いま行動する」こと!とにかく月に1万円でもお金を稼いでみよう

「へ〜アメリカはそうなんだ…でも私たちには関係ない」ではなく、少しでも今の生活を変えたいのならいま行動しましょう。お金を稼ぎましょう。今はインターネットの発達により、スマホのアプリで月5万円〜10万円レベルなら個人でも簡単にお金を稼げます。

Airbnbで空いてるスペースを貸して収入を得たり、メルカリで不用品を販売したり、エンジニアやWebデザイナーさんならレバテックフリーランスで簡単にWeb案件取れるし在宅ワークも可能。やり方はいくらでもあります。

大切なのはまず、「いくら稼ぐか」ではなく月に1万円でも「お金を稼いでみる」こと。そうすることで「サバイブ力」のつく脳に切り替わります。

安定してお金を稼ぐのに困らないためにも、いつでも独立できるようなスキルを身につけましょう。

かつてお金を稼ぐ力が1ミリもなかった無能サラリーマンだった僕が、フリーランスとして独立するまでの全てをまとめたこちらの記事も参考にしてみてください。

無能会社員からフリーランスになるためにやった全てのことまとめ