出会ってしまった…。 こういう場を求めていたんだ

こんにちは、るってぃです。

先日、TBSラジオ主催のイベントでポエトリーリーディングを初披露してからその魅力に取り憑かれ

「このヤバさを身を持って感じて欲しい…!」

と思い、未経験者限定のポエトリーイベントを胎動LABELさんと開催しました。

これが事件でしかなかったです。

エントリーは20名。全員が未経験者。むしろ「ポエトリーリーディングってなに?」という状態の人がほとんどだと思います。

それでも自分なりに解釈して、言いたいことを詩に落とし込んで、震えながらマイク握ってリーディングするみんなの姿に、主催の僕が一番くらいました。

泣く者、笑う者、叫ぶ者…

内容もリーディングの形式も多種多様で、「みんなこんなこと感じてたんだ」と思わされる素晴らし過ぎるポエトリーでした。ガチで、アクトした20人全員が良かったんです。

これ、当日現場にいた人なら分かるよね?マジで全員ヤバかったよね???

1人1人の想いが爆発してただけでなく、そのポエトリーに共鳴して徐々に会場がひとつになっていく感じ、あれは奇跡だったとしか言いようがないくらい。くじ引きで順番決めたのに、その順番も含めて奇跡でした。

僕的に嬉しかったのは、終わった本人たちが「あぁ、出会ってしまった」みたいな感じで、放心状態の人がいたんですよ(僕が記憶してる限りではげんちゃんがそうだった)

突如現れた謎の男、砂漠さんも「言葉にしたいことはたくさんあって、こんな場を求めてたんですよ!!!」と、終わった後興奮気味に感謝された。

ここでポエトリーした人たちは経験して気づいてしまったんです。

弱さ、ダサさ、カッコ悪さすらも武器になることを。

音に乗せて言葉を紡ぐことの可能性を。

そして、周りの目を気にせず、心から言いたいことを叫ぶことの気持ち良さを。

あらゆる感情を昇華する術の1つを知ったから、これから強く生きていくんじゃないかな。誰かに辛いことや悲しいことがあったら、またこうやってみんなで集まってポエトリーを披露し合えばいいじゃんって。

SNSでは決して流れない、心の奥底にある言葉を交換しあったからか、「初めまして」の人たちもみんな意気投合して、まるで昔から知ってたかのような戦友になりました。あんな光景、見たことがなかったです。

普段シーンにいる方々から見ても、みんなのポエトリーの凄さや場の空気感の違いを感じ取っていただけたみたい…。感化されて、「僕らもやっていいですか?」ってポエトリーやってくれたのは嬉しかったですね。

別に強制するわけじゃないし、この日参加した全員に今後もポエトリーやって欲しい…!というわけじゃないんだけど、20人のうち何人かが、「またやる」と言ってくれたら僕は嬉しいし、この記事や彼らのポエトリーを見て感化されてやる人が増えたらいいなぁと思ってます。

ポエトリーリーディングは最高にして最強のアウトプット(表現)方法です。特に日本人に多そうな、「周りの目を気にしてカッコよくしっかりして生きなきゃ」と思ってるその臆病な鎧をぶち壊してくれますよ。

また一緒にポエトリーしましょう!

参加してくれたみなさん、共催してくれたikomaさん、駆けつけてくれた詩人のみなさま、サポートありがとうございました!!!!

Photo by じょり

公式LINEの登録お願いします!

プロ無職に質問できたり、不定期でお知らせやイベント情報が届きます!登録は無料です。