スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

こんにちは、るってぃです。

僕のLINE@の方に「私は考えが浅いと言われました。るってぃさんならどんな方法で考えを深くしますか?」という質問が来たので回答したいと思います(どんどん質問募集中です)

ちなみに僕はブログを始めて3年経ちますが、考えが浅いなんて言われたことがありません。

それでも僕は2016年まで本なんて読んだことなかったし、今だに活字が苦手です。それでも「考えを深める方法」はあるので、「考えが浅い」と言われて悩んでる方にとって参考になれば幸いです。

考えが浅いのではなく、考えをアウトプットする「語彙力」と「会話力」が低い

と、僕は思うんです。どれだけ頭の中に素晴らしいアイデアや思考が詰まっていたとしても、それを相手が理解できるように伝える術がないと、全く意味がありません。

僕も旅しながらオンラインサロンや講演活動をしてるので多くの人とお話させていただくのですが、自分の思考を表現するための語彙力が乏しかったり、会話(コミュニケーションスキル)が残念な人はいます。

 

だから「この人、考えが浅いな」に繋がるのだと思います。

ですので、「考えが浅い」と言われた人は考えを深めるためにさらにインプット量を増やそうとします。それも大事ですが、同時にその蓄えた思考を表現するアウトプット力を鍛えたほうがいいと思います。

 

語彙力や会話力といった「アウトプット」を鍛えるためにオススメしたいこと

1.本を読もう

 

真っ先に思いつくのがこれですね。本を読みましょう。そしてプロの崇高な思考や語彙力に触れ、インストールしていきましょう。実際、本を読んでる人の方が繊細な表現力は遥かに上だと思います。

2.ツイッターで優秀な人をフォローし、毎日その人たちの言葉を浴びよう

 

僕みたいに「本なんて読めない!」「活字が苦手だ!」という人にオススメしたいのはSNSの活用です。特に”言葉のSNS”であるツイッターがオススメです。

ツイッターで言語表現が抜群に上手いひとたち(ライターさんに多い印象)をフォローしまくって、毎日その人たちの言葉を浴びましょう。特にフォロワーさんが多い人、毎回のツイートにリツイートやいいねといった反応が多い人は、表現力に優れています(分かりやすいからこそ、リツイートがつくので)

また、「この人の言葉遣い素敵だな」というのもどんどん分かってきます。

3.毎日ブログを書こう

 

毎日ブログを書きましょう。びっくりするくらいアウトプット力が身につきますよ。

やはり、アウトプット力は文章を書いてなんぼです。自分の思考が整理されて洗練されていく感覚を養えば、「思考が浅い」だなんて言われることも確実に減ります。

【noteマガジン】プロ無職はなぜブログで上手くいく?ブログで飯食うための戦略術

 

「ブログなんて書く暇がないよ!」という方は、スマホから140文字以内で手軽にアウトプットできるツイッターを利用しましょう。

 

4.とにかく色んな人とたくさん話そう

 

会話上での表現力やコミュニケーション能力を培いたいなら、とにかく多くの人と話すのが一番です。

僕も国内外旅をして、職種・年代・国籍問わずいろんな人と喋って知見を吸収してます(そしてそこでインプットしたことをブログでアウトプットしてます)

異性とデートすることも超オススメ

そして異性とのデートこそ、真のコミュニケーション能力が問われるんじゃないかな〜と思ってます。「聞き上手はモテる」と言いますが、本当にそうだと思います。

どんどんデートして知性とコミュニケーション能力を養おう。

手軽に声でアウトプットしたいときはライブ配信もやってます

 

どうしても人と会話できない状況の時は、今の時代インターネットさえあればライブ空間で人とお話することもできるので、ライブ配信もたまにしてます。

そして気づきましたか…いま教えたことを実践すれば「考えも深くなる」のです

 

お気づきかもしれませんが、いま紹介した「語彙力や会話力を鍛える方法」は、実践すれば考えも同時に深まっていきます。

どうしても、「インプットすること(考えを深くすること)」と「アウトプットすること(考えを伝えること)」は別物と捉えがちでず。

考えが浅いと言われて悩む人はインプットすることだけを鍛えようとするのですが、アウトプットをこなすことで、考えも同時に深くなります。

インプットしたことは素早くアウトプットして、どんどん思考を深めていきましょう。

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から