ついに!運営しているオンラインサロンのメンバーが集まれる「家」を作ってしまいました。その名も「ヤるハウス」です!名前が終わってる!!!

 

CAMPFIREの家入さんが立ち上げた「リバ邸」がついに法人化し、その代表を務める蓮(@wakuwakucamera)と協力して立ち上げました。

 

蓮とは元々飲み友だけど、彼が3月にヤるサロンに入ってからノリで「ヤるハウス作ろうぜ〜w」とか言ってたら

 

異常なスピードで物件内覧が決まり

 

そして、できてしまいました。このスピード感最高です。

このヤるハウスには基本的にヤるサロンメンバーがシェアハウスとして住みつつ、ベランダついてるのでバーベキューしまくったり、作業会したり、リバ邸とコラボしてるので一緒にイベント開催して盛り上がってく予定です!

住人として住むヤるサロンメンバーがパワーアップしていくといいなぁ。他コミュニティとどんな化学反応が起きるか、今から楽しみです。

ヤるハウスを作った理由 「拠点を持つオンラインサロンの強さ」

200人規模のオンラインサロンを1年やってみて感じたのは、「人はオンラインの繋がりだけではまだまだ弱い」ということです。

オンラインサロンの魅力は「世界中どこでもアクセスできて繋がれること」なので、参加してくれるメンバーは増えますが、入っても薄いコミュニケーションが続いてしまうと、繋がりを感じられず、そのまま離脱してしまいます。

1年運営してみて、どういう人が結果だしてるかというと、間違いなくリアルで会ってるメンバーです。

いまヤるサロンで結果を出してたり、中心となって活動してるのって夏の合宿に来てくれた人たちなんですよ。

 

やはり人は対面で交流を持つと、すぐに濃い関係に発展しやすく、その繋がりが活動の原動力となります。だからオフ会や合宿、リアルの作業会に参加してるメンバーは自然と結果を出して行くんですよね。

 

うちのサロンでは、メンバーが主催して勝手に合宿やってますし、めっちゃ一緒に飲んでます。

 

つまり、オンラインで集まったメンバーがリアルで集合したとき、大きなムーブメントが起きるんですね。だから僕はサロンメンバーがオフラインでも集まれるリアルな拠点が欲しいと思いました。

元々自分はAirbnbやゲストハウス畑にいた人間なので分かるんですが、オフラインのコミュニティだけだと、集まる人数に限界があります。逆にオンラインだけだと人は集まるが関係が希薄になりやすい。だから全国に拠点を持った最強のオンラインサロンを作ろうと決めました。

キングコング西野さんが全国にスナックを作ってる理由も、1000人を超えるオンラインサロン「箕輪編集室」もいま拠点を作ろうとしてるのはこういった理由だと思います。

全国にヤるハウスを作ってコミュニティを強化する

 

構想から異常なスピードでヤるハウス東京支部(厳密に言うと神奈川)が立ち上がりました。品川駅・羽田空港・成田空港すべて一本で行ける好立地なので、地方にいるヤるサロンメンバーも東京来たときに寄りやすいでしょう。

今は東京ですが、これから日本全国にもヤるハウスを作って行きます。今回のリバ邸とのコラボのように、すでに存在するコミュニティと上手く連携していき、各拠点ごとにコンセプトのあるヤるハウスを作れたらいいなぁと。

 

全国に散らばってるヤるサロンメンバーが、各拠点で濃い関係を構築し、高め合ったり面白い企画が生まれると良いなぁ。ゆくゆくは海外にもできたらすごいことになりそう。

もう1つの家を所有するのは古い。キーワードは”共有”と”多拠点”

 

そして、僕はこの「拠点を増やすこと」からある1つのライフスタイルを提案していきたいと思ってます。それは“共有”“多拠点”です。

 

もう僕らの世代って住むためだけにローン組んで一軒家買って…という価値観の人は少なくなってきてるんですよね。それこそ「Airbnb」を代表とするシェアエリングサービスがその考えを変えちゃいました。

僕も「世界中の人と家を共有したら世界中の家に住めるやん!最高!」という考えで成り立ってます。強欲がすごすぎて、1つの場所に留まる人生などもったいないと感じるのです。

でも他人と上手くスペースを共有すれば、家をたくさん持ってても固定費の家賃はあまりかからないんです。僕はこのヤるハウスで東京の家が3つ目になるんですけど、合わせて家賃1万円ですからね。

詳しくは→家賃0円・ケータイ代1300円、ノマドワーカーの僕のライフスタイルを公開!

 

こんな感じで、定額で日本全国、はたまた世界中の家に行き来できたらめちゃくちゃ面白いと思いませんか?僕は思う。

大好きな北海道にも九州にも住んでみたいし、ニューヨークにもオランダにもデンマークにも住んでみたい。短い人生、たくさんの場所で生活して、たくさんの人に会いたいし、その土地その土地の文化や価値観を学びたいのです。

 

「でも今の仕事忙しいから無理だよ…」「会社に通わなきゃいけないし…」

不可能かどうかを決めるのは自分自身です。僕も「自分の人生自分でデザインしよう」と決めて動き出してから、まだたった2年半。でも、発信力ついてきたし、お金も稼げるようになったし、なぜかミニマリストにもなってました。

フリーランスのような働き方も、ノマドワーカーのようなライフスタイルも、実現するためのノウハウは、実はもう世の中に溢れてるのです。あとはやるかやらないかなのです。

もし憧れてるなら、やるしかないでしょう。今やらなかったら一生やらないし、絶対に後悔すると思います。

生き方変えて、拠点作って、そこをグルグル移動しながら旅したり、笑ったり、楽しいことしましょう。

ヤるサロンの詳細はこちら

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から