ノマドワーカーしてます、るってぃです。

僕は1991年生まれで俗に言う「ミレニアル世代」というやつなんですけど、生きていく上で大切にしてることが

  • 仕事も遊びも好きなことだけで生きていきたい!
  • 日本国内・海外、いろんな場所で生活したい!
  • ウザい上司など人間関係に悩まされたくない!

以上のライフスタイルをできるだけ長く送れるように実践してることがあります。それはいくら収入が上がったとしても固定費を極限まで下げることです。

このツイートがめちゃくちゃ反響あった▼

 

冗談でもなんでもなく、畳2枚分の部屋に家賃0円で住んでます(僕が家賃0円で住める理由はこの記事に書いてます

 

詳しい動画はこちら▼

ミニマリストるってぃの2畳半の自宅を初公開【文字起こし】

 

浮いたお金で旅しまくってます。それが僕の仕事です。

 

ちなみにケータイ代は格安SIM(楽天モバイル)で毎月1,300円です。

 

収入を上げていっても、固定費を究極に下げることでノマド的な生活は再現可能です。そしてこれは誰もができることなんです。

 

シェアリングエコノミーサービスを使って好きな家や車を借りてしまえばいい

スクリーンショット 2017 07 19 15 18 48

この長い人生、1つの家や車を利用するだけなんてもったいない!今の時代、大きい買い物して自分の行動縛ってしまうのはコスパ悪すぎるんです。

 

ステータスの高いモノを買うために必死に働いて、そしてローンを組むことで自分のライフスタイルを縛るのは全く自由じゃない。

好きな場所で好きなときに、好きな人と好きなことを仕事にする。遊ぶ。そんな”モバイルモベヒミアン”なライフスタイルの実現は全く難しくありません。

スクリーンショット 2017 07 19 15 18 06

 

“稼ぐ”ことに注力しがちだけど、誰でもできるのはまず固定費を削ること

 

好きな2つのことわざを紹介します。

  • 立って半畳、寝て一畳
  • 天下取っても2合半

どちらもミニマリスト的格言です。いくらお金があったとしても人間として生きるために必要なモノは変わらない、という意味です。

 

人間の欲は底知れないので、お金を持ち出すとすぐに高級品やブランドモノに溺れがちです。そういったモノを排除し、固定費を極圏減らすことである程度の自由は手に入れられます。これは本当に誰でもできることです。

また人間としてスキルを多めに持っておくと、ありとあらゆるものにお金がかからなくなります。タダでいろんなところに呼ばれるし、むしろお金がもらえます。自分の希少価値を高めてましょう!

あわせて読みたい

仕事に困らないフリーランスになるために身につけたい9つのスキルまとめ

 

無能なサラリーマンだった僕がフリーランスとして独立するまでの道のりはこちらの記事をお読みください▼

あわせて読みたい

無能サラリーマンからフリーランスに独立するためにやった全てのこと晒す

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から