スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

 

突然ですが、僕はいただいた名刺は全て捨てる派です。名刺にあるデータ、例えばその人の名前や職業や肩書き程度では、『その人が信用できて仕事を依頼できる人かどうか』を判断しにくいからです。

持論として、「Facebookの交換にすら至らなかった人とは特に何もない」と思ってます。SNSを交換すれば投稿してる内容からその人の思考を見ることができるし、繋がってる人脈や、より深いところまで拝見することができます。そして興味があればそのままメッセージを送れます。

わざわざ名刺に書いてあるメールアドレスを打ち込んでメールを送ったことはないし、これまでのフリーランス生活を振り返っても、名刺交換から繋がった仕事は一度もありません。

つまり、これだけインターネットで人と情報が無限に繋がった時代に、「肩書き」や「学歴」ごときで信用できる人かどうか判断するのはコスパが悪いという話です。

履歴書や学歴はなんの意味もない

社会ブロガーのちきりんさんがとても良い記事を書いてました。

 

「自分をどんな人か?」を正確に伝える方法はブログです。ちきりんさんは自分の深い知識をブログを通じて発信長年発信してきました。全部とは言わなくてもブログを読んだことある人やSNSをフォローしてる人は、なんとなくちきりんさんの人柄や考え方がイメージできます。

またgoogleといった大企業がAI技術を使った人事分野での開発・研究を進めています。

遠からず人工知能(AI)が、膨大な量のその人の発信(ブログやツイートだけでなくインスタにアップロードされた写真や“いいね”した記録、そしてクラウドに上げた多くの情報=ビッグデータ)から、 「あなたがどんな人か」を、人事担当者に代わって判断してくれるようになります。

すると、「簡単で正確」な「あなたがどんな人かという情報」が手に入るようになるんです。 人事分野では今、AIの活用実験が急ピッチで始まっています(グーグルが本気で研究と実験を始めています。詳しく知りたい方は下記の本参照)。

今後、採用や評価プロセスの多くは、AIに置き換えられていくでしょう。 そうなった時「あなたがどんな人か」を判断するベストな基準は、大学名や以前に勤めていた会社の名前ではなくなります。 なぜならもはやそんな「簡単だけど不正確」な情報を使う必要はないから。 あなたが今まで何について「どのように考え、どう判断してきた人か」という思考の記録を丸ごと判断することも「簡単」にできるようになるから。

出典:学歴よりSNSが大事の本当の意味

 

つまり自分の思考や考えを発信してない人は圧倒的に不利になる時代です。

SNSやブログで自分を発信してない人は信用しにくい

ありがたいことにブログやSNSを通じて多くの人から仕事の依頼やご相談をいただくのですが、その依頼を「受けるか受けないか」の判断は、その人の発信内容を元に判断してます。

プロフィールをネットから拝見し、その人がどんな思考や価値観を持ち合わせてるか、共感できる部分はあるか、本当に信用できる人かどうか。

今のところSNSを使った判断で誤ったと思うことはありませんし、その判断のレベルも年々磨かれて生きます。それは自分自身も発信し続けているからです。

2年間ブログでオピニオンを発信してるし、自己紹介記事動画まで用意してます。「僕のブログやSNSを通じて僕の価値観や人物像を100%理解してください!」という心構えです。

正直なお話をさせていただきますと、何も発信していなかった人からの依頼はお断りさせていただくケースが多いです。

僕は『お金<<<<<<<<<<時間』という考え方なので、貴重な時間を無駄にしない努力は人一倍心がけてるつもりです。

学歴や肩書きなんかに捉われず、自分の思考を発信すべし

インターネットがなかった時代に人を評価する物差しが学歴や肩書きでした。しかし、その程度では本当にその人が何を学びどう考えてるかなんて全く見えません。嘘もつき放題です。

しかしネットが発達したいま、誰もが自分の考えを発信できるようになりました。僕は前々から『ブログは大きな名刺』と表現してます。書いた記事の数は400を超えてるでしょう。

これから訪れる新しい経済の中で生きてことを選択するなら、発信活動は必要不可欠でしょう。

ここら辺の詳しい話や、これからの時代に必要な知識と考え方をまとめたマガジンが絶賛発売中です(ステマ)

「プロ無職解体新書〜AI時代に生き残る、遊びをマネタイズする仕事術〜」

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA