こんにちは!プロ無職るってぃです。

自分はいま、世の中の「分かりやすさ」を求める風潮に違和感を感じます。

小難しい本や映画が理解できず、逆に気軽に見れるTwitterの140文字ツイートやTikTokの15秒動画しか観ない。そしてメディア側もそのような視聴者のために日本語のテロップを入れたり、分かりやすくイラスト・図解化する流れもそうでしょう。

確かに物事は分かりやすいに越したことはありませんが、しかし「分かりやすさ」に頼りすぎるがゆえに具体的なことしか物事を捉えられない人は本質を見極められず、短期的思考になります。これはとても危険なことです。

抽象化によって人類は進化してきた

「具体と抽象」という言葉がありますが、いつの間にか「抽象的なことは分かりにくく理解しにくい=悪い」という解釈が広まってる気がします。抽象思考は人間に与えられた特権であり、他の動物と異なります。

人間以外の動物は基本的に目の前の餌を捕獲し、食し、交尾し、寝るという具体的なことしかできません。

しかし僕ら人間が話す言葉や使う数字、単位は”抽象化の結晶”そのもので、それらを使って文明を作り進化してきました。アップルのような成功をおさめる大企業、歴史に名を残す芸術家に共通するのもやはり理念や思考が抽象化されてシンプルなことです。

さらに言うと、物事の抽象化が進むと文明は一気に飛躍することは歴史が証明しています。「お金」なんて抽象化の典型例で、金貨だったものが、やがてなんの価値もないはずの紙切れに。そしてついに物質から離れ、仮想通貨になろうとしてます。

このように具体から抽象にスライドすることで、人類は進化を辿ってきました。

「考えること」こそ人間の武器であり最後の娯楽

具体思考しかできない人、すごく悪い言い方をすると“深く考える力がない人”が増えると、そのような人にあわせた政治やプラットフォームしか生まれなくなり、全体で考えると損害を被る可能性があります。

これだけ情報が飛び交う中で、SNSもにちゃんねる(現ごちゃんねる)やFacebbokのような文章で繋がるものから、動画のYouTube、さらには数秒でコンテンツが消費できるTikTokに移り変わってます。しかもこの流れは5G回線が到来すればより濃くなるでしょう。

コンテンツの消費スピードが年々早まってると言いますが、それはひとつの物事を深く考えずにただただスマホの画面をスクロールしてるからではないでしょうか。

下を向きながらスマホをいじり、でもただ指をスパスパさばくだけのロボットのような人たちを電車で見ていると、ギョッとしてしまう瞬間があります。

僕ら発信者からしても、読者に対して分かりやすいコンテンツばかり発信してしまうと、長期的に見れば損するのかもしれません。

人はどうしても「早くそして役に立つ」モノや情報を追い求めがちですが、時には深く考察することでしか理解できないコンテンツも大切なのではないでしょうか。

平和がゆえに自分で考えることを放棄した人が多いような気もしますが、僕らはゆっくりでも進むしかないのです。

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から