クラウドファンディングとは自分の「無能さ」を知る手取り早いツール

こんにちは!るってぃ(@rutty07z)です。
過去2度クラウドファンディングを使用してるのですが、感じることがあります。

それは、クラウドファンディングは「ただの資金調達のツールではない」ということ。

クラウドファンディングは自分の「無能さ」にいち早く気づけるツールでもあるのです。

むしろ、資金調達なんて「表向き」の姿くらいに思ってます。

今回の記事では、僕が「学生さんこそクラウドファンディングをやるべき」理由を解説していきます。

もちろん学生だけでなく、大人も。

クラウドファンディングで自分の弱点を明確化し、早めにスキルを培っていきましょう。

クラウドファンディング成功にはマルチな能力が求められる

クラウドファンディングを使って目標金額の資金を調達するには、実は非常に多くの能力が求められます。

  • 発信力
  • 発想力
  • スキル(リターン)
  • 想い
  • 文章力
  • 人望
  • マーケティング
  • ITリテラシー
クラウドファンディングはプロジェクト内容だけで決まるわけではありません。

サクセスするためにはありとあらゆる能力が必要となってきます。

「大学は人生の夏休み」してきた学生にこれらの能力があると思えない

ここからは、完全に大学生してた3年前の自分へのブーメランです。

「大学は人生の夏休み」と刷り込まれてきた僕らゆとりには、こんなマルチな能力を持ってるわけがありません。

大学に受かるための詰め込みの「暗記受験」をクリアし、入学さえすれば遊んで卒業できる。

コミュニーケーション能力と意識高いことやって面接でうまく説明できれば突破できる日本の就職活動システム。

世界基準で見ると即戦力になれない日本の大学生たち。
先ほど述べた能力を持ち合わせてる人はごく少数派かと思います。

合わせて読みたい

【就活解禁】日本企業ってどんなバカでも給料払って1から育ててすごいよな

学生こそクラウドファンディングをして、いち早く「自分の無能さ」に気づくべき

クラウドファンディングはマルチな能力が求められます。

だから、学生こそさっさクラウドファンディングをやってみて、自分の「無能さ」に気づいた方がいい。

 

そして自分の無能さを感じたら、足りないと感じたスキルをそれから磨いていけばいい。

僕は本気でそう感じますよ。

学生はインターンシップやバイトリーダーもいいけど、クラウドファンディングを1から自分でやってみて、1円でも多く他人からお金を集めてみる体験は非常に希少体験なのではないでしょうか?

4年間遊んでた人は、提供できる自分のスキル(リターン)がないことにようやく気づけると思うし、足りない部分や、これから伸ばすべきスキルを明確化できます。

 

クラウドファンディングは、金銭的なリスクも全くなし。
プロジェクトに失敗してもお金を取られることはありません。

え?失敗して周りからどう思われるか怖いって??

だっせーな!
空気読んで生きて、ほんとに空気になっちまえ!!

学生こそクラウドファンディングに挑戦し、自分の「無能さ」をいち早く痛感しよう

成長には良い失敗や挫折経験が必要だと思ってて、クラウドファンディングはリスクも最小で自分の「無能さ」に気づける手っ取り早いツールです。

ぬくぬくと貴重な学生の時間を遊んで終わるよりも、さっさと失敗して、スキルや必要なものを早く身につければ、周りとかなり差が開きますよ。

「仕事辛い」「明日会社行きたくない」と嘆きながらも、仕事を辞めずだらだら働いてる大人いるじゃないですか。

そういう大人は社会に出る前に、武器として通用するスキルを身につけて来なかった人たち。
学生時代、挑戦も失敗もして来なかった人たちです。

学生時代の失敗なんて、数年経って社会に出ればほとんど笑い話しにできる経験です。

スキルもない学生が「大手行きたい」とか「仕事だるい」とか、あまりにも虫が良すぎる話ではないか、と3年前の自分に言っときます。笑

足りないスキルや知識は早く身につけておきましょうぜ。

合わせて読みたい

仕事に困らないフリーランスになるために身につけたい9つのスキルまとめ

クラウドファンディングをする度に大きく成長できるので今年またやると思います

7月のクラウドファンディングでは17万、11月のでは54万円集めれることができたけど、正直提供できるリターン(スキル)に限界を感じました。

Airbnb系とブログ系しかぶっちゃけなかったんでよなぁ…泣

 

このままでは、何回クラウドファンディングやっても100万円集められないレベルと痛感しました。もちろんプロジェクトの内容にもよるけど。

だから提供できるスキルを増やすために、他の分野の知識もインプット中です。そしてサービスレベルに磨き上げるためにアウトプット中。

今最も力を入れているのは、働く全人類の作業効率化と生産性を高めるための情報のインプット。

合わせて読みたい

現役フリーランスが教える生産性を3倍向上させた作業効率化の全手法まとめ

 

クラウドファンディングって、本当に今の自分の実力を数字(支援金額)で表してくれる残酷かつ便利なツール。

自分の弱点が明確化できるし、単純にそこを改善すれば成長できる。

「死にかけのサイヤ人が復活してパワーアップする」みたいなイメージ。

もう1皮剥けるために、今年もう一発クラウドファンディングのプロジェクト立ち上げようか考え中のるってぃでした。

クラウドファンディングに興味を持ったという方は、「クラウドファンディングとは?」というところから、プロジェクト成功までのコツをまとめているので、是非チェックしてみてください。

合わせて読みたい

クラウドファンディングとは?基本知識から資金調達成功までの全手法

 

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事