映画評「インターステラー」10年も会ってない人に銀河を超え引き寄せられている

最新映画がコロナで上映延期となる中、過去の名作がまた劇場で観れるのだけは良いことです。普段からもっとやったらいいのに!

というわけで今更で大変申し訳ないのですが2014年の映画「インターステラー」をIMAXで観てきました。ぶったまげました。

IMAXの圧倒的音響力で、宇宙空間の「無音」でさえも表現してました。本当に宇宙あんな感じなんだろうな…。

劇場で、この圧倒的スケールの物語を体感できて本当に良かった…「AKIRA」の時も感じたけど、名作は映画館で!!五感で体感せねばよ!!!一生忘れないと思う!!!!

愛は観察可能な “力”

劇場で見終わった後もアマプラで何回か見返して、最も好きなセリフはここです。

アン・ハサウェイ演じるアメリアの

だって愛は人間が発明したものじゃない。愛は観察可能な “力” よ。何か意味がある。

愛には特別な意味がある。私たちはまだ理解していないだけ。これは手がかりなのかも。私たちには感知できない高次元につながる。10年も会ってない人に、銀河を超え引き寄せられている。おそらくもう死んでいる人に。愛は私たちにも感知できる。時間も空間も超えるの。愛が未知の力でも信じていいと思う

愛とはなにか…飲みの席で議論になるアレですが(笑)、死者に恋はしませんよね。

でも、死者を愛し続けることができる。遠く離れてる人、会ったことない人も愛することができる。ぬいぐるみやモノを愛している人はいる。

愛とは何か…それは何か祈りに近いような…人が根源的に芸術や宗教を欲する欲求と近いのかもしれません。

芸術人類学講義という本で読んだ「祈りとは、人間の最終行為である」という言葉を思い出しました。

そういった愛とかなんとかを信じない科学者の主人公クーパーのラストシーンは感動且つ衝撃です。

劇中音楽も大好き。

LINE@の登録お願いします!

登録しておくとプロ無職から不定期でお知らせやイベント情報が届きます!登録は無料です。

美術や表現に関する話はnoteで更新中です。こちらもよろしくお願いします。