こんにちは、るってぃです。

『ビリギャル』の著者でお馴染みの坪田信貴さんの連載記事の中であった「ビジネスパーソンの成長の9段階」が的確だなぁと思ったのでまとめました。

ビリギャル坪田先生が解説するビジネスパーソンの「成長の9段階」

①指示されたとおりにできない=「やり方がわからない」といって投げ出してしまうのが「下の下」

②投げ出しはしないものの、事あるごとに「これはどうやるんですか〜」と聞くのは「下の中」

③それに対して、自分で不明点を調べて指示どおりの成果物を出せるようになれば「下の上」

—–ここまでは新人や若手のレベル—–

 

④アイデアを考えつくだけで実行しないのは「中の下」

⑤実行するものの周囲に相談せず勝手に行なうのは「中の中」

⑥周囲の賛同を得たうえで実行するのが「中の上」

—–ここまで中堅レベル(指示されたことに自分なりの工夫を上乗せする知恵がついてる)—–

 

⑦1つの成功事例が出るたびそれを共有し、部署全体をシステマチックにレベルアップさせるのが「上の下」

⑧ノウハウの商品化やシステム自体を商品にして売れないかと考えるのが「上の中」

⑨成功の本質を見極めたうえで成功事例を体系化し、他のジャンルにまで広げるのが「最上級」

 

参考記事:日本人の9割が「バカ」を隠している

みなさんは今自分がどのレベルにいると自己分析していますか?

そして坪田先生は、人は成長する過程においてさまざまなスキルを得る必要があるが、その手段こそが『勉強』と解説してます。(詳しくは記事を読んでみてください。本当に良い記事です)

勉強しないやつは終わる

 

僕も学生のころは勉強が大嫌いで『なんでこんなことやんなきゃいけねーんだ!?』とキレながらテスト勉強していた記憶があります。

それは『自分の成長のため』の勉強ではなく、良い成績をとって周りからよく見られるためだったり、親のメンツを保るためと、言わばどうでもいいプライドのために勉強させらられてるからですよね。

そして画一的で、詰め込みの暗記教育というクソもおもしろくない教育システム。『考えさせる力』を奪ってるとしか思えません。

関連記事「考える」ことを奪う呪縛から解放する

 

正しい勉強をしてこなかった(考えてこなかった)人は、社会に出ても上記の「下の下〜下の上」止まりです。言うまでもなくこの層の人の給料は低くなりがちで、真っ先にロボットに仕事を取られる人たちです。

ここら辺の詳しい話や、これからの時代に必要な知識と考え方をまとめたマガジンが絶賛発売中です(ステマ)

「プロ無職解体新書〜AI時代に生き残る、遊びをマネタイズする仕事術〜」

 

自分は死ぬまで勉強することを絶対やめません。教育システムがどうのこうの言う前に結果を出さねば…と必死です。来年、絶対もう1つ2つ上に行こうと思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA