会社員必見!フリーランスになる前に準備しておくべき8つのこと

※最近はLINE公式アカウント限定のお知らせやエッセイを配信してます。質問とかメッセも個別で遅れます。登録無料なのでぜひ!

 

フリーランスとして独立する前に、準備しておいた方がいいものは数多く存在します。勢いで辞めてそのまま波に乗れればいいですが、上手くいく人の方が少ないでしょう。

そこでフリーランスとして活動してる僕が「これだけは独立前に準備しておいた方が良い!」と思うものをピックアップしました。

もちろんこれら全てを完璧にしてから独立する必要は全くありません。そんなことやってたらいつまでも独立できませんから。

事業や税金制度の勉強などは、フリーランスを「やりながら」勉強していくのがベストです。独立前に「起業セミナー」など行く必要も全くないと考えてます。

詳しくは動画でも解説してるのでどうぞ▼

フリーランスになる前に準備しておくべきこと

1.まずは独立準備に向けて時間を作ろう!「時間がない」と言わせない、時間を作る方法

独立準備に向けてまずは時間を作りましょう。

「仕事が忙しくて時間がない」なんて言い訳は無用です。

そんなこと言ってたら一生独立なんて不可能なので、ここはコミットしていきましょう!

時間を作る方法はこちらの記事をチェック▼

時間がないと嘆く人にオススメする8つの時間を作る方法とヒント

2.フリーランスになっても生活できるほどの貯金はありますか?

フリーランスは「作業したらした分自分の手取りになる世界」であはりますが、全員がフリーランスとして上手くいくという保証はありません。

確実な独立方法として、1年ほど生活できる貯金を確保してからフリーランスになることをとオススメしてます。

額はは人によるでしょうが、1ヶ月15万円の生活費としたら年間で180万円ほど。ちなみに僕は貯金30万円ほどで会社を辞めフリーランスになりました(バカ)

自分の場合、周りの方にすごく恵まれて運良く生活に困窮することなかったのですが、万人にオススメするやり方ではないので反面教師にしてください。

3.まずは徹底的な固定費の削減を!多くの人はこれだけで変われます

フリーランスとして「稼ぐ力」を身につけることも大切ですが時間もかかってしまいます。その間に貯金がなくなっていくのは精神的にも応えるものがありますよね…。

まずは誰でもできる「固定費の削減」から始めていきましょう!

  • 家賃
  • 食費
  • 通信費(ケータイ代)
  • 保険費
  • 娯楽代

などなど…会社を辞めて独立する前に、減らせる固定費を見直しましょう。

ほとんどの人は固定費を削減するだけで今の生活を変えれます。仮に月2万円かかってた固定費を1万円に節約できたら、年間12万円の支出を抑えることができますからね。

ちなみに僕は毎月の家賃0円、ケータイ代1300円で生活してます

フリーランスは稼ぐことよりも毎月の固定費を0円にすることを意識する

フリーランスになれば会社のような固定の場所に出社する必用性もないので、東京ではなく地方に移住するなり、通信費用を抑えたり方法はいくらでもあります。

4.フリーランスとして月10万円稼げるスキルを身につけよう!

お金を稼げるスキルを持たないままフリーランスとして独立するのは得策ではありません。可能であれば会社員を継続しながら【月10万円副業として稼げるスキルが身についてから】独立するのがベストでしょう。

僕自身も独立前はお金を稼ぐスキルがなかったため、会社員をしながら副業をする「二足のわらじ」を経験。今では「パラレルキャリア」という働き方も徐々に浸透しつつあります。本業で安定した給料を稼ぎつつスキルを蓄えていくことにしました。

フリーランスが身につけたいお金を稼げるスキルをまとめた記事を参考にどうぞ▼

現役フリーランスが推奨!本当にお金が稼げるスキルと職種、取得方法まで完全まとめ

また「フリーランスになったら仕事を自分で取るのは難しいのでは…」と思われてる方もいると思いますが(かつての自分がそうでした)、今ではフリーランスに案件を紹介してくれるエージェント会社も数多くありまして、エンジニアさんやデザイナーさんであれば数十万円の案件とかザラにあります!

不安な方は独立前にこちらも登録してチェックしておきましょう!

月収100万超も夢じゃない!フリーランス向け求人サイトまとめ【オススメ順】

5.退社後に会社からもらえるお金や申請しておくべき手続きを進める

  • 失業保険の手続き
  • 健康保険の切り替え
  • 年金保険の切り替え…などなど

在職中に会社からかけられてる保険を独立するタイミングで切り替える必用があります。しっかり前調べして退職前に済ませておきましょう。

また退職金の支給タイミングや有休消化など、勤めてる会社によるのでこちらもしっかり確認して独立に備えましょう。

たまにこの辺の準備をないがしろにして、独立してから金銭面や保証面で損する…というフリーランスの方がいるので注意しましょう。

6.独立前にクレジットカードの作成、ローンの申請を

フリーランスになると社会的信用が会社員に比べ圧倒的に落ちます。経験者が声を大にして言いますが、本当にクレジットカードの審査など通りません!

※フリーランス5年目になってやっとクレカの審査通るようになりました。

会社を辞める前にクレジットカードは複数枚作っておきましょう。会社名義で登録したクレジットカードを持っていた方も切り替えを。

また、銀行からの融資や不動産を借りるための審査も本当に通らなくなります。もし銀行から借り入して事業を行う場合や、引っ越し(または購入)する場合もフリーランスになる前に済ませておきましょう!

オススメのクレジットカードはこちらの記事にまとめてあります▼

【マイル・保険など目的別で厳選】フリーランスにオススメのクレジットカードまとめ

7.安心して会社を辞めるために「心の拠り所」を複数持っておくことも大事

収入的にも精神的にも不安定になりがちなフリーランスにおいて大切なこととが「失敗してもあそこに帰ればいいや」と思える心の拠り所(コミュニティ)を持っておくことです。それも1つや2つだけでなく、複数あるに越したことありません。

本当の自立とは、困った時に「助けてください」と人に頼れる力を指します。

僕はニューヨークに留学してたのですが、日本で全てを失っても「ニューヨークのストリートでダンスで稼げばいいや」という考えが根底にあるため、リスクを取って思い切った行動ができてます。これ、フリーランスに限らずとても大切な考え方です。

フリーランスとして独立することが不安な人は「心の拠り所」を作っておこう

今ではオンラインサロンなどのオンライン上のコミュニティも充実しており、誰でも簡単にコミュニティに所属することができるので、活用することをオススメします。

8.最後に 「自分をリストラさせるために」上手く働こう


最後に…。

経験上、フリーランスになる人は円満退社が少なく、勢いでフリーランスになる…という方が多い印象です。

できることなら働いていた会社とは円満に別れる方が良いです。これは本当に!

そのために「いつか自分がここからいなくなる」ことを前提に、「自分をリストラさせるために働く」という意識を持つことが大切だと思います。

自分をリストラさせるために働く

フリーランスとして独立する前に押さえておきたい8つのこと まとめ

  1. 独立準備をするための時間を作る
  2. フリーランス独立後もある程度生活できる貯金
  3. 固定費の見直し(生活費を必要最低限に抑える)
  4. お金を稼げるスキル(安定した収入源)の取得
  5. 失業保険など、退社後にもらえるお金の確認
  6. クレジットカード作成、ローン申請など
  7. コミニュティ・人脈作り
  8. 「自分をリストラさせるために」上手く働こう

フリーランスとして独立する前に押さえておきたい8つのことを紹介してきました。もちろん、以上の8つ全てをクリアしてから独立する必要も全くありません。

できるに越したことはもちろんありませんが、準備が整うのを待っていたらいつまで経ってもフリーランスとして独立できません。

僕は前述したように貯金30万円でフリーランスになりましたが、それでもなんとか食うのに困らず今まで来れました。時には「とりあえず始めてみて、走りながら軌道修正していく」という考え方も大切です(特にフリーランスとして独立した後大切になります)

繰り返し言いますが、上記に挙げた8つのことはできるに越したことはないので、独立を考えてる方は早めに準備しましょう!

「まだ会社を辞めてフリーランスになる自身がない…」「けど今の会社は辞めたい…」と悩んでる方は、まずは転職して今の環境を変えることをオススメします。

会社員には会社員の強みがあるので、それらの強みを活かして自分なりの働き方を確立した方が良いでしょう。

こちらの「フリーランス独立完全まとめ記事」もあわせてお読みください。必ず参考になるはずです▼

無能会社員からフリーランスとして独立するためにやった全てのことまとめ

公式LINEの登録お願いします!

プロ無職に質問できたり、不定期でお知らせやイベント情報が届きます!登録は無料です。