何も持ってない人は社会のブームを利用して稼ぎ、価値と認知度を上げりゃいい

最近ハマってる漫画上がります。

ドラゴン桜で有名な三田紀房による「インベスターZ」です。

「投資」をテーマに物語が進むのですが、「お金の本質」や、中々グサりと来る偉人達の言葉・エピソードが紹介されます。

毎回勉強になるこの「インベスターZ」ですが、特に僕が好きなエピソードを紹介します。

「金を掘りに行く人に金持ちはいない」

登場はコミックス2巻。

1848年にアメリカ西海岸でゴールドラッシュが起こった時の話。
一括千金を狙ってたくさんの人が西海岸に押し寄せます。

ここで金を掘りに出かける人たちより確実に儲けた人がいます。それは

  • スコップやツルハシなど、「金を掘るための道具」を売った人
  • 金を掘りに来た人が「泊まる宿」や、酒や博打を楽しむ「酒場」を提供した人
  • 大量の人員と物資を運ぶための「鉄道」を敷いた実業家

です。

このお話で言いたいのは、金持ちとは「金が出たからと大勢の人の後にくっつく奴」ではなく、「社会のブームを利用して稼ぐ奴」です。

そして「投資」とは「宝の山に群がること」ではなく、「荒野を宝の山に変えること」と説いてます。

Airbnbというサービスを思いっきり利用することにした

1125

これを自分の話に当てはめます。

2015年の5月、当時の僕は特別なスキルも知識もお金も持ってませんでした。

たまたま「儲かる」と話題になりつつあったAirbnb(エアビーアンドビー)を東京で始めました。
実際にめちゃくちゃ予約が入り、順調でした。

ここで「社会のブームを利用して稼ぐ」手段に出ます。

2015年9月、Airbnb専門ブログ『エアログ』を開設しました。
air_logo-1

世界でムーブメントを起こすシェアリングエコノミーの1つ、Airbnb。

当時ほとんどAirbnbに関するブログがなかったので、「この分野でトップのブログを作ることで拠点をたくさん作れるんじゃないか」と思い、情報発信を開始しました。

東京に2件、大阪に1件、計3件。
順調にAirbnbができる拠点をブログを通して作っていきました。収益も上がりました。

Airbnb物件を増やすのでなく、Airbnbを利用して自分の価値を高める

13652745_10205284601874494_824230955_n

当初は「47都道府県に拠点を作ろう」とか「ゆくゆくは海外にもAirbnb物件を作ろう」と思って頑張ってました。

しかし徐々にAirbnbの認知度も高まり、参入するプレイヤーが増え、Airbnbで収益を上げるのは難しくなってきました。

そこで気付きます。

-金を掘りに行く人に金持ちはいない-

「Airbnb物件を単に増やす人」は「金を掘りに行く人」であり、最終的にお金持ちにはなれない人なのです。

Airbnbという社会的ブームを利用する人とは、

  • Airbnbの情報ブログを作り、ノウハウや情報商材を売り込む人
  • Airbnb運営に役立つ有料サービスやツールを開発し提供する人
  • Airbnb代行会社や清掃会社を起業する人(バイアウトする人)です。

僕の場合、「収益を上げるためのAirbnb物件を増やす」のではなく、「Airbnbを利用して自分の認知度や価値を思いっきり引き上げてやろう」という「自分を売り込む」方向性に変えました。

ブログの運営を続け、「Airbnbといえばるってぃ!」と言われるようになったし、「Airbnb」の単体ワードで検索の1ページ目に表示されるようになってきた。

Airbnb物件を増やすことは辞め、

これから始めたい人の支援や、Airbnbを使った再生事業、さらには町おこしに、ロビー活動までするように。

Airbnbの創業者のジョー・ゲビアも会いに来てくれたし、Airbnb日本法人の方でも先頭立って色々やらせてもらうことが多いです。

Airbnbというサービスを利用したことによって、嫌いな仕事を辞めてフリーランスとして生活できてるし、何より自分の認知度と価値をこの1年で強引に引き上げることができました。

ブログを始めて1年で、悩める人にフリーランス独立支援まで行う始末です。
s__43925530

そして現状、あんなにたくさんAirbnb物件を抱えていた人はどんどん撤退を強いられている状況です。

その時にあげられる「お金」は一過性に過ぎない。お金なんていつかなくなります。

もっと長い先を見据えて「自分の認知度・価値の向上」と「人脈形成」に努めました。

今スキルも知識もない人は「社会のブーム」を利用すればいい

14470946_978513515605410_1375717169_n

1年前の自分は特に何も特別なスキルや知識を持っていませんでした。
たまたま「Airbnb」というブームになってたサービスを利用して、「自分」を売り込みまくりました。

これからお金を作りたい人や、今「何も持ってないよ!」という人は社会のブームを利用すればいい。

「ポケモンGO」を利用して自身の認知度を上げ、本を5冊も出版するアメリカの女性も話題になりました。

合わせて読みたい

三人目「いま?ポケモンやって人生で最高に稼いでるわよ」【連載】日本のゆとりが訊く。アメリカの新生態系ミレニアルズは「青二才」のあれこれ。

インベスターZの2巻に出てくる話と、自分の実体験を持って紹介しました。

次は何に乗っかっていこうかな〜。

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事