スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

大学卒業後一旦就職して、その後独立してフリーランス(個人事業主)してるのですが、めちゃくちゃ「働き方」に関して相談受けます。

「今の仕事辞めてフリーランスなりたいんです」とか、「好きなことして生きていきたいんです」とか。

一般的な日本人の歩む働き方・生き方の流れってだいたいこんな感じなんですよね▼

 

フリーランスやってる身として、学生に超絶オススメしたい働き方とコスパの良い就職活動の方法があるので共有します。それは「休学フリーランス」です。

学生は一度フリーランスを経験することで身に付けたいスキルや弱点が明確化できる

フリーランスとして1人であらゆることをマネジメントし、自分でお金を稼ぐことやってたら、自分に足りないスキルや学びたいことが明確になるんですよ。

例えば僕もフリーランスとしてWebメディア運営を始めてから

  • 撮影技術
  • Webデザイン技術
  • 動画編集技術
  • マーケティング
  • 経営学

などなど…今ならお金払ってでも学びたいことがたくさん出てきました。大人になってから大学行く人けっこういるじゃないですか。

でも、社会人として自分が取得したいスキルとか学びたいことなんて、学生がいきなり見つけるの難しいですよね。僕も学生時代さっぱり分かりませんでした。

だから学生こそ「就職」の前に「フリーランス」を1回挟みましょう。って話です。

休学してフリーランスすれば新卒ブランドは守れるのでノーリスク

「新卒」というセーフポイントが欲しいなら、学生はどんどん休学するの推奨しますよ。国立大は休学費無料だし。「学生」という身分を持っておけば失敗したときもそんなに痛くない。

僕も大学を1年休学して好きなことやった結果、今好きなことを仕事にできてます。本当にあの時休学してほんとよかった(詳しくはプロフィールへ)。

 

そして、学生時代のうちにフリーランスになってアルバイト以外でお金を稼ぐ力を身につけましょう。そうすれば今の自分に足りないものが明確になって、自ずと自分が行きたい就職先がみつかるはずです。そのままフリーランスを続けてゆくゆくは起業もありでしょう。

いまの日本人学生に圧倒的に足りないのは、「雇用される以外でお金を稼ぐ力」、サバイブ力・マネジメント力ですよ。

関連記事日本人に圧倒的に足りない「雇用されずにお金を稼ぐ力」

従来の学生の就活は時間の無駄遣い。3年目で悩み出すなんて遅すぎる

従来の学生がする就活なんて遠回りですよ。「就活→就職→フリーランス→欲しいスキルの明確化」まで経験してる僕が言うんだから間違いない。

これまで世間を知らなかった(知ろうとしなかった)学生がいきなり自分に合った就職先を見つけるのなんて不可能に近い。

就職して3年目くらいからキャリアに悩み出す…それじゃ遅いんですよ。時間の無駄です。個人的にインターンに対しても否定的です。それなら自分でフリーランスやるか起業した方がマシ。

学生こそ、まずはフリーランスのような「自分でお金を稼ぐ経験」をして、身に付けたいスキルややりたいことを明確にしてから、それらを学べる就職先を探した方が良いのでは。

そして新卒フリーランスよりリスクの低い「休学フリーランス」を強くオススメします。現状の日本の社会において、最もリスクなく得られるリターン得られる方法ではないでしょうか。

 

あわせて読みたい

仕事に困らないフリーランスになるために身につけたい9つのスキルまとめ

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から