フリーランス2年やってて出した結論がこちらです▼

 

これで60%くらいのフリーランスは上手く行くんじゃないかなと思ってます。

僕の周りの「フリーランスで且つミニマリズム心得てて、発信活動してる人」って、こちらのツイートのほとんどを抑えてるんですよね。

 

それでは少し整理していきましょう。

フリーランスになると得られるメリット

1.働く場所が自由になる

毎日行かなければいけない会社などないので、ネット環境があれば海外にいようが仕事できます。

天候や災害などに左右されず、気分に合わせて好きな場所で働けるのがフリーランスの大きな特徴です。

 

 

僕は毎日の満員電車が苦痛でストレスでした…。

しかしフリーランスになってから、その日の気分にあわせて好きな場所で働き始めたことで生産性も上がり、ユニークなアイディアも降ってくるようになりました。

2.付き合う人が自由に選べる

 

フリーランスは基本1人なので、ムカつく上司や話のあわない同僚、理不尽なクライアントに振り回されることがありません。

個人的に仕事が嫌になるほとんどの理由が人間関係だと思っているので、それすらも自由に選べるのはフリーランスの大きなメリットだと思います。2年近くフリーランスしてますが、本当にストレスフリーです。

ミニマリズムを体得すると得られるメリット

3.固定費の究極の削減

世間の常識やプライドに捉われなければ、自分の価値観に合わせて物事を取捨選択できるはずです。

僕は家賃や維持費のかかる大きな家とか車に興味がないので、そこは徹底的に削減してます。家賃0円で生活してます。

関連記事家賃0円!ノマドワーカーの僕のライフスタイルを公開!

 

「1日3食って常識おかしくね?」と思い、今は1食が多いです。当然食費も、食事にあてる時間も減ります。

 

毎月かかる生活費や固定費がめちゃくちゃ少ないので、フリーランス特有の「稼がなければ死ぬ…」という焦りもなく、精神すり減らさず行動できます。好きな旅も自由に行けますしね。

4.時間の余白を生産

これだけ変化の激しい時代。新しいサービスやチャンスにすぐに乗っかるため、あえて「時間の余白」を生産することを心がけてます。

暇人こそ最強のイノベーターです。

関連記事「素人ほど足し、プロほど引く」人生を100倍輝かせるミニマリズム戦略とは?

 

情報発信することで得られるメリット

5.人生をコンテンツ化

 

情報発信活動をしていると、例え暇であってもどこでも生産活動ができるんですよね。楽しい旅行先での話も、失敗談も全てがネタになります。

あとアウトプット能力も死ぬほど向上します。

関連記事最短最速で成長!収入を3倍上げる5つのアウトプット術

 

有益な情報発信をすることでフォロワーも増え、さらに自分のやりたいことができるようになる…という「金持ちがより金持ちになる」みたいな法則が作用するんですよね。

6.情報のマネタイズ化

発信した情報は信用に変わり、その信用がやがてお金に変わります。

詳しくはこの記事読んでください→食えないフリーランス必見!お金を稼ぐための5つのサイクルを紹介する

 

「別に発信することないよ…」という人もフリーランスやってて感じることとか、仕事の獲り方をブログやSNSで発信すればいいんですよ。その情報が誰かにとって役に立つはずです。

「フリーランス×ミニマリズム×発信」が最強且つ「楽」

  • フリーランスになる→働くことと人間関係の自由
  • ミニマリズムを体得する→固定費削減による生活と精神的にゆとり、余白の時間の生産
  • 情報発信→人生全部ネタになり、それによりフォロワー獲得&マネタイズ化

毎月かかってくる固定費も少ないし、人間関係も働く場所も自由に選択できるので、精神的に消耗することがありません。最強ってか楽!ストレスとフリーってやつ。

そしてできた時間の余白は生産活動や好きなことに費やします。その体験をブログやSNSで発信すれば、マネタイズもできる…というワーク・ライフスタイルです。

「フリーランスやってるけどなんだか上手くいかない…」という人はぜひ「ミニマリズム」と「情報発信活動」を意識してみてください。

「独立を目指してる」、「フリーランスに興味ある!」というかたはこちらの記事をどうぞ▼

これは必読!無能サラリーマンからフリーランスに独立するためにやった全てのこと

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA