こんにちは!るってぃです!

フリーランス3年ほどしてるのですが、全てにおいて自信ってめっちゃ大切だな…って感じます。

すごいスキル持っててても、「私なんかが…」と自信なさそうな人多いんですよね。僕はあんまりそういう人に仕事を依頼したいと思いませんし、モジモジしてるナヨナヨした男性がモテるとも思いませんよね。

仕事、恋愛、何においても自信ある人(ありそうな人)ってみんな結果出してます。そして自信のある振る舞いしてると、「この人凄そう…」と周りにも思わせることができるんですよ。

ですので、「自信を持つこと」と、そしてその自信を「周りに伝えること」はとても大切なのです。

とはいえ、僕も最近まで周りを気にする自信のない人間だったんです。しかし、今では「偉そう」とまで言われる僕が「自信の付け方」について解説します!自信をつければモテます!ビジネスでも結果出ます!

動画でも詳しく解説してるので、こちらもあわせて観てください。

 

自信がない人が自信をつけるために必要なこと

1.大きな自信に繋げるために「小さい成功体験」を積み重ねる

 

まずはこれ!「小さい成功体験」を積み重ねていきましょう!

成功体験って別になんでもいいんです。例えば「ブログで月に5000円稼げるようになった」とかそんなんでも全然OK。つまり、自分を認めてあげましょう。

僕の座右の銘「人に厳しく、自分に甘く」ですからね←

いろんな分野において「ほんのちょこっと人に誇れること」を積み重ねていくと、それはやがて大きな自信に繋がるのです。

僕にとってブレイクダンス踊れることも、ニューヨークで結果出してたことも、日常会話レベルなら英語話せることも、ブログやYouTubeで生活してることも、親指シフトという取得率3%と言われる特殊なタイピング方法使ってることも、全て小さい成功体験の積み重ねであり、全部あわせて自信です。

 

日本人は自己肯定感が低すぎる。もっと図々しく自信を持っていい

日本人は「謙遜」という文化があるせいか、「いえ全然…」「自分なんかが…」と言う人が多いような気がします。あれ、けっこう危ないと思うんですよね。

逆に外国行ったら「このクオリティのサービスでそんな値段取る?」という強気な人が多いです。でも逆にこの自信を持った図々しさから学ぶことは多いです。

 

個人的に「日本人」ってだけで、世界でも賢い方だと思うんですよね(だってほぼ全ての人が教育受けれて日本語の読み書きができるわけで)。

だからもっと自己肯定感を強く持って、自分の能力ややってきたことを認めましょう!

2.自信に繋がる行動や買い物をしよう

 

日頃の生活の中でも常に「この買い物は自信に繋がるか?」を意識しましょう。

例えば洋服を買うにしろ「この服を着ることで自信はつくか?」とか。前述した通り、親指シフトというタイピングの練習を始めたときも「タイピングスピードを早くしたい」よりも、「自信に繋がりそうだから」という理由で始めました。断食を始めた理由も同じです。

例えば脱毛も「毎日の髭剃りの時間を短縮できる」だけでなく、「汚い青髭がなくなる→外見の自信に繋がる→モテる」

金を買うのも投資用という意味だけでなく、「金を持ってる俺カッコいい→心の自信に繋がる→モテる」という風に、自信に繋がるような行動や買い物を選択していくと、好循環の波に乗れます。

3.自信を持ち続けるために「心の拠り所」や「逃げ道」を増やしておく

これもすごく大事なことで、今持ってる自信を保ち続けるために心の拠り所や逃げ道はたくさん作っておきましょう。

例えば僕が恥ずかしみもなくネットに全て晒して、自信を持って色々と挑戦できるのって、「ニューヨークに帰る場所があるから」なんです。別に日本で失敗して誰からも相手されなくなったって、ニューヨークに友達や働けるツテがあるから、自信を保つことができるんです。

 

この「精神的な担保」って非常に重要で、一箇所に依存してしまうとそこから切られると終わりです。だからみんな「失敗しちゃダメだ→自信がなくなる→思い切った行動ができなくなる」という負の連鎖に陥るのです。

スキルもできるだけ分散させた方が良いです。だから「サラリーマンとして会社から給料をもらえるだけ」より、副業で他の収入源を持っておいた方が、あらゆる失敗のリスクヘッジができ、自信を持ち続けることができます。

できるだけ心の拠り所や逃げ道を増やしておきましょう。

根拠のない自信を持ってる人は成功する理由

 

僕もなんですけど、「根拠のない自信を持ってる人」っているじゃないですか。何を根拠に「世界変えます」とか大きなこと言ってる人です。

やっぱりああやって自信満々に言い切れる、ある意味「バカ」な人はプライドがないので上手くいくんです。

「時間は未来から過去に流れてることを意識できているか?」という記事もぜひ読んで欲しいんですけど、根拠のない自信を持ってる人って、「武道館のステージに立つ!」とか「世界を変える!」という目標を先に声に出すことで自分を洗脳させたり、立てた目標から今やるべきことを逆算することが無意識にできるんです。

つまり「いや現実的に考えてこうだ」とか理屈で考えません。だから中途半端に高学歴な人ってプライド高くて、根拠のない自信を持つことができないからそこそこだったりするんです(ディスってはないですよ)

また、根拠のない自信を持ってる人は発する言葉も違います。自分の発する言葉によって行動、そして運命まで変わってくるのです。かの、マザー・テレサの名言にこのようなものがあります。

参考記事:成功者は「思考→言葉→行動→習慣→性格→運命」の順を自然と理解している

自分のことを「運が良い」という自信を持ってる人も上手くいく

パナソニック創業者の松下幸之助は「面接で“運が悪い”と答えた人は、どんなに学歴や面接が良くても、即不採用」と述べるほど、運が良いと思い込んでる人と悪いと思い込んでる人とは、結果に差が生まれます。

総フォロワー数100万人を超えるインフルエンサーのゆうこすも、自分のことは「運が良い」とここまで自信たっぷりに言い切ってるし、だからこそさらに良い結果が出る好循環に入ってるのです。

さあ、自分に自信を持とう。小さな自信が成果を大きくする

  1. 大きな自信を積み重ねるために「小さい成功体験」を積み重ねる
  2. 自信に繋がる行動や買い物をしよう
  3. 自信を持ち続けるために「心の拠り所」や「逃げ道」を増やしておく

というわけで、「自信を持つことの重要性」や「自信をつけるための方法」について解説しました。

自信がつけばあらゆる場面で成果が出るようになります。今は「自分なんかが…」と思われてる方も、普段の行動や買い物から意識を変えて、自信をつけていきましょう!生活が大きく変わります。

ぜひ動画の方も参考にしてみてください。

 

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から